トレーニング風景 ~クレートトレーニング編~

  • TOP
  • [staff blog]
  • トレーニング風景 ~クレートトレーニング編~

皆さま、こんにちは。

今日も暑かったですね((+_+))

暑いと言うよりは”熱い”が合っているような感じです。

今日の東京の最高気温は33℃!!

こんな暑い日の日中に散歩に行くのはかなり危険です。

気温は33℃だとしてもアスファルトの路面温度は軽く50℃以上になり、

ワンちゃんの肉球がヤケドしてしまう可能性があります。

人間が手で触っても我慢出来ないくらい熱くなっていますので、

散歩に出るときは路面温度まで気にしてあげると良いですね。

さて、今日はクレートトレーニングについて。

クレート(ハウスとも言います)に入るのが苦手な子がいますが、

その時皆さんはどのように入れるようにしていますか?

無理やり放り込んで慣れさせますか?

それともオヤツなどを使って誘導して入れるようにしますか?

前者を選択した場合、余計にクレートが嫌いになってしまう可能性が

あるので、いかに好きになってもらうようにトレーニングをするかが

重要になってきます。

方法の一つとして、オヤツをまいて誘導して気付いたらクレートに

入っていたという状況にしてそこからさらにクレートを好きになって

もらうようにトレーニングします。

まずは、クレートの中に誘導出来るようにオヤツを置きます。

※分かりやすいようにオーバーに置いています(*^_^*)

P7120893 (800x600)

 

 

P7120894 (800x600)

そのオヤツを順番に食べてもらいます。

P7120896 (800x600)

 

そう、上手!気付けばクレートの入口は目の前です。

P7120900 (800x600)

 

そのままオヤツを食べ進むと頭の部分がクレートに入りました。

P7120902 (800x600)

 

さらに進むと、お見事!体全体がクレートの中に入りました。

P7120904 (800x600)

 

オヤツはクレートの一番奥にも置いてあるので、ここまで入れます。

P7120906 (800x600)

 

このタイミングでさらにオヤツを投げ入れてあげて、

「クレートの中にいると良い事があるんだ!」と言うことを印象付けて

あげます。

最初のうちは、入るだけで精一杯ですぐ出てきてしまうかもしれませんが、

その場合は無理をせず、入れたことを目一杯褒めてあげてください。

時間を延ばすのは繰り返しトレーニングをして徐々に徐々に延ばすように

してください。

焦りは禁物です。飼い主様も楽しんで気長にトレーニングをしてあげて

くださいね。

Maileでは新しいお友達をお待ちしています。

スタッフ、お友達と一緒に楽しくお勉強しませんか?

ご連絡をお待ちしております\(^o^)/

公開日:2014.07.12

コメントを残す

体験入塾のお申込み・Day預かり・ドッグホテルなどのお問い合わせは
お電話・メールにて承っております。

03-5752-3030 TEL 03-5752-3030

定休日:楽しゅう塾は日曜日 ドッグホテル:年中無休

お申込み・お問い合わせはこちら